ショッピングカート4/1前後の消費税の取扱いについて

 概要
平成26年4月1日から消費税率が8%に、平成27年10月1日には10%に変更される予定です。
(消費税率)     5%        8%           10%
(資産の譲渡等) ─────┼─────────────┼───────────→
(適用開始日)      H26.4.1          H27.10.1
従いまして、平成26年3月31日までに行われる資産の譲渡等については5%が、平成26年4月1日から平成27年9月30日までの間に行われる資産の譲渡等については8%が、平成27年10月1日以降に行われる資産の譲渡等については10%の税率が適用されます。
 資産の譲渡等
適用税率の判断基準となる資産の譲渡等とは、事業として有償で行われる(1)資産の譲渡、(2)資産の貸付、(3)役務の提供をいいます。
また、新税率が適用されるのは、適用開始日以降に行われる資産の譲渡等ですので、適用開始日より前に注文を受けていても、発送が適用開始日以降であれば、原則として新税率が適用されます。適用開始日以降の資産の譲渡等で旧税率が適用されるのは、経過措置が適用される場合だけです。
 通信販売に係る税率等に関する経過措置
通信販売事業者が、指定日(平成25年10月1日)前にその販売価格等の条件を提示し、又は提示する準備を完了した場合(*)において、平成26年4月1日前に申込みを受け、提示した条件に従って平成26年4月1日以後に行われる商品の販売。
* 提示する準備を完了した場合とは、販売条件等の提示方法に応じ、いつでも提示することができる状態にある場合をいい、例えば、販売条件等を掲載したカタログ等の印刷物の作成を完了した場合が該当します。
 予約販売に係る書籍等の税率等に関する経過措置
指定日(平成25年10月1日)前に締結した不特定多数の者に対する定期継続供給契約に基づき譲渡される書籍その他の物品に係る対価を平成26年4月1日前に領収している場合で、その譲渡が平成26年4月1日以後に行われるもの
 旅客運賃等の税率等に関する経過措置
平成26年4月1日以後に行う旅客運送の運賃や映画館・劇場、競馬場、競輪場、美術館、遊園地等への入場料金等のうち、平成26年4月1日前に代金を受領しているもの。
 特定新聞の税率等に関する経過措置
不特定多数の者に週、月その他の一定の期間を周期として定期的に発行される新聞で、発行者が指定する発売日が平成26年4月1日前であるもののうち、その譲渡が平成26年4月1日以後に行われるもの。
 指定役務の提供に係る税率等に関する経過措置
平成8年10月1日から平成25年9月30日までの間に締結した役務の提供に係る契約で当該契約の性質上役務の提供の時期をあらかじめ定めることができないもので、当該役務の提供に先立って対価の全部又は一部が分割で支払われる契約(割賦販売法に規定する前払式特定取引に係る契約のうち、指定役務の提供(*)に係るものをいいます。)に基づき、平成26年4月1日以後に当該役務の提供を行う場合において、当該契約の内容が一定の要件に該当する役務の提供
*「指定役務の提供」とは、冠婚葬祭のための施設の提供その他の便益の提供に係る役務の提供をいう。
 その他の経過措置
上記の他、電気料金等(電気、ガス、水道、電話に係る料金等)、工事の請負等(工事又は製造の請負及びこれらに類する一定の契約)、資産の貸付け、有料老人ホーム(介護サービス)の税率等に関する経過措置などがあります。
詳しくは、国税庁のサイトの「平成26年4月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A」(平成25年4月)(pdf)をご参照ください。
 税率の切り替え(弊社カートユーザーさま向け)

物品のインターネット販売で、経過措置の適用がない場合について、考えてみましょう。

例えば、3月31日の夜に注文を受けた商品を、その日のうちに発送するのは困難です。
そこで、いつまでに注文を受ければ、3月中に商品を発送することができるのかというタイムリミットを明確に決めていただき、それ以降の注文は、発送が4月1日以降になるので、消費税が8%になる旨をサイト上やメールマガジン等で周知することをお勧めします。
買い物かごの商品タグも含めてサイトの価格表示の変更も必要ですが、新しい価格表示の商品ページはあらかじめ準備しておきましょう。

タイムリミットとなる時刻を過ぎたら8%に変更します。
該当ファイルをアップロードし、さらに弊社サイトの編集画面から、買い物かごの消費税率を変更します。

お客様からすれば、3月31日までに注文すれば、5%で買えるという認識を持っていらっしゃる方も多いかと思いますので、注意が必要です。 トラブルを避けるためには、タイムリミットとなる時刻経過後、サイト及び買い物かごの更新が完了するまでの間は、サイトを一時的に閉鎖する措置が必要かもしれません。

3月中の注文については、消費税率8%が適用されるものでも、税込価格を据え置いて、3%部分は店舗側で負担するという方針をとるならば、総額表示方式を採用していれば、カートの税率の変更は、タイムリミットとなる時刻を過ぎたら弊社サイトの編集画面から直ちに行い、サイトの更新は4月1日に行います。

新税率への切り替え日時をあらかじめ設定するサービスも無料にて承ります。
ご用命の際は、件名に、「新税率の切り替え日時設定依頼」とご指定いただき、ログイン名と、新税率の切り替え日時を日本時間でお書きになり、変更予定日の3営業日前までにメールにて、設定をご依頼ください。
但し、このサービスを依頼した後は、編集画面からカートを更新すると、元に戻ってしまいますので、編集作業は4月1日以降にお願いします。

 消費税の表示方式を変更する場合(弊社カートユーザーさま向け)

消費税の表示方式は、原則総額表示方式(内税方式)ですが、二度に渡る税率変更への対応に配慮して、2017年3月31日までは、外税方式も認められます。

総額表示方式から別立て表示方式に変更される場合のように、税額表示方式を変更される場合、標準のカートを使用されているユーザーさまは、編集画面で変更できますが、カスタマイズを施したカートは、編集画面から税額表示方式の変更をすることができません。弊社側で、変更作業をさせていただくことになります。

カスタマイズ済みのカートをお使いのユーザー様で、税額表示方式の変更を予定して いらっしゃる場合は、変更予定日より2週間以上前に、ログイン名と変更後の表示方式 (詳細は、消費税の表示方式について をご参照ください。)をお書き添えの上、メールにて、変更をご依頼ください。


メールフォームもファイバートリップ

サービス管理メニュー


サービス案内